・電話、メール、来店での相談

・地域性、物件特性、近隣物件等を考慮し調査を行います。

・賃料、敷金、礼金、管理料等の募集条件を決定します。
(オーナー様の考えや近隣競合物件の条件も考慮します)

・定期巡回による建物や設備の修繕箇所の確認を行います。
・請求書、清算書、修繕報告書等の報告用書類の発行を行います。
・家賃滞納者への対応(賃借人に電話連絡と督促状にて督促)
(2回目以降の滞納については法的手段を含む対応を別途協議)

・現在の状態、修繕履歴など建物や設備の精査を行います。

・管理費や管理方法等を話し合いの上決定します。
(清算書や修繕報告書等の報告用書類も確認)

・物件管理委託契約書を作成し、双方合意の上締結します。